スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキスト、参考書、講座、通信講座は統一しよう 宅建・宅地建物取引主任者試験編

宅建・宅地建物取引主任者試験は、比較的受験しやすい資格ですし、難易度もそれほど高いわけではありません。しかし、法令上の制限などの複雑な制度を理解し、覚えなければならない数字もたくさんありますし、法律の勉強が初めてという方は、民法でもなかなか正答率が上がりにくいのではないでしょうか。

宅建・宅地建物取引主任者試験勉強が長引いてしまう方の特徴として、いろいろな参考書や他の学校のテキストに手を広げすぎてしまうということが挙げられます。
ネットでは、いろいろな評判や口コミ情報が飛び交っていますから、このテキストがいいとか悪いとか、この参考書は使えるとか使えないとか、いろいろな口コミや評価を目にすると思います。


しかし、ネットでの口コミ情報や評判は参考程度にとどめるのがよいでしょう。というのは、ある講座やテキストの評価を下げるために


続きを読む
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。